Japan Time Satoyama推進コンソーシアム
By Japan Times Satoyama推進コンソーシアム Follow | Public

2013年に出版された『里山資本主義』は、その年の大きな話題となりました。リーマンショックが象徴する「お金がお金を生む経済(マネー資本主義)」にのみ依存するのではなく、金銭的価値のない自然由来の資源に、地域で暮らす人々の手によって新たに交換可能な価値が与えられ、安心で将来性のある地域社会をつくるという新しい資本主義のあり方を提唱し、大きな関心を集めました。以来、自然環境の中の様々な未活用資源が、地域の実践者の手によって活かされ、雇用を生み、地域全体の活性化に繋がる事例が増えてきました。

一方で、その活動の意義や成果が多くの人に伝わっておらず、支援の輪や活動への理解が広がっていないのも事実です。

そこで、Japan Time Satoyama推進コンソーシアムでは、創刊120年余の歴史を持つジャパンタイムズの紙面・Webサイトや取材網を活用し、『里山資本主義』が掲げるビジョンの実現に向けて、「里山」を「Satoyama」として、その活動を広く内外へ発信してまいります。里山から、里川、里海へと視界を広げ、既存の産業とのマッチングや、新たな物産の販売・流通のネットワーキング、インバウンド観光客への対応など、その多岐にわたる実践情報を収集・共有・発信という形で支援してまいります。

地域で地道に活動する実践者を支援し、またその活動を日本と同様の課題を抱える海外へも発信していくことで、『Satoyama』を広く周知し、ひいては持続可能な社会の実現に貢献することを目指しております。

運営: Japan Times Satoyama推進コンソーシアム
URL: https://satoyama-satoumi.net

Announcements
  • 2018/12/18

    2019年1月15日「小さな里山資本主義」の赤木直人氏を迎え 「『第7回Satoyamaカフェ』+地域おうえんBASH」を開催します! Japan Times Satoyama推進コンソーシアムは、2019年1月15日(火)に、地域おうえんフェス・ガイアックス主催「地... read more 2019年1月15日「小さな里山資本主義」の赤木直人氏を迎え 「『第7回Satoyamaカフェ』+地域おうえんBASH」を開催します! Japan Times Satoyama推進コンソーシアムは、2019年1月15日(火)に、地域おうえんフェス・ガイアックス主催「地域おうえんBASH」と共催で「『第7回Satoyamaカフェ』+地域おうえんBASH」を開催します。  今回は、岡山県真庭市で「小さな里山資本主義」を推し進める赤木直人氏にご登壇いただきます。岡山市街から車で約2時間半の山々に囲まれた真庭市で、地域の「今まで」を大事に継承しつつ、「新たな風」を起こす赤木氏。  小さな仕事をたくさん生み出し、住んでいる人たちに得意分野で活躍してもらうことで、地域の人と人がつながり、その中でお金と資源が循環することが、活気あるコミュニティを維持する秘訣と話す同氏に、地域とともに「なりわい」を創造してきた歩み、そしてこれからについてお話しいただきます。 *詳細・申込  https://chiiki-ouen-bash-5.peatix.com/ 【概要】 日時: 1月15日(火)19:00-21:00  ・18:30 受付開始  ・19:00-19:05 主催者から挨拶  ・19:05-19:10 アイスブレイクタイム  ・19:10-19:40 赤木氏プレゼン  ・19:40-20:10 Q & A  ・20:15-21:00 交流会  ・21:15 閉会 会場: Nagatacho GRID(東京都千代田区平河町2丁目5-3 6F)  実践者: 赤木 直人氏(一般社団法人アシタカ 代表)http://ashitaka.or.jp/ モデレーター: 吉田雄人(Japan Times Satoyama 推進コンソーシアム 事務局長) 参加費: 3,000円(フリードリンク・軽食付き)     *Japan Times Satoyamaカフェのフォロワーの皆様は      200円割引コード「sato-0115」をお使いください テーマ: 「小さな里山資本主義~地域とともに、なりわいをつくる~」 主催: 株式会社ガイアックス     おうえんフェス     Japan Times Satoyama推進コンソーシアム  申込み方法: 下記URLからお申込みください。 https://chiiki-ouen-bash-5.peatix.com/ <赤木直人氏プロフィール> 1979年生まれ大阪府出身。大学を中退し、小売業でバイヤーとして勤務。2008年、子どもの誕生を機に妻の実家である岡山県真庭市に移住。観光業などに携わりながら、2015年、地域振興を目的とした一般社団法人アシタカを設立。地域資源と関係性を大事にして、多くのナリワイを創りだし、組み合わせて事業を展開している。2018年には株式会社冒険の森の取締役に就任。地元地域にも施設をオープンし、集客装置として地域内他施設への送客、雇用の創出を実現している。 ■ 地域おうえんBASHとは 地域を応援しよう、盛り上げよう、地方創生をしていこう、という気持ちを持つ人たちが集まり、お互いに取り組みやアイデアやこれからの調整を発表し、交流をするイベントです。単なるトークイベントではなく、参加者自身が地方創生をより自分ごと化し、アクションをするきっかけになることを目指しています。 (*BASH=楽しむためのにぎやかなPartyの事) 毎月1回程度開催。実際に地方創生に関わっている方、課題感を持っている方が議論し合うイベントです。懇親会ではパネラーを含め、双方向の会話ができます。 ■ ガイアックスとは 会場でもある、シェアオフィスの「Nagatacho GRID」を運営。TABICAという「みんなの暮らしを旅しよう」がコンセプトで、地元の方に体験を提供してもうらうシェアリングエコノミー事業も行っています。 *株式会社ガイアックス公式URL https://www.gaiax.co.jp/ ■ Japan Times Satoyama カフェとは 全国各地の里山・里海で活躍している里山資本主義(※)の実践者の方々に東京で講演していただき、地域と東京とのつながりを創出することを目的としています。実践者にとっては、都心で開催することによって「関係人口」へのアプローチを容易にし、将来の協力者の掘り起こしにつながります。また、里山推進の取り組みに関心の高い都心層にとっては、地方へ関わるまたとない機会になります。 Japan Times Satoyama推進コンソーシアムについて 【活動指針】 1. 里山資本主義の実践者を支え、つなぎ、増やしていき、その活動を持続可能なものにしていくこと。 2. 里山資本主義が、マネー資本主義のオルタナティブな選択肢として機能するようにすること。 3. 里山資本主義への支援や関与が、企業や自治体等の国内外での価値を高める環境をつくること。 【公式URL】https://satoyama-satoumi.net ※里山資本主義とは、日本古来・自然由来のものに新たに交換可能な付加価値を与えて、地域内で循環させる仕組みです。海・山・川などの自然、地域における人間関係など、お金では買えない資産を大切にし、テクノロジーの活用やUターン・Iターン人材による新規事業の立ち上げ、女性の活躍など、それぞれの地域で独自の取り組みが広がっています。 *詳細・申込  https://chiiki-ouen-bash-5.peatix.com/ show less

Comments